杏林堂健康セミナーで今年も講演します

杏林堂健康セミナーで講演を行います。杏林堂薬局のご厚意で、このセミナーでお話しさせていただくのはこれで7回目となります。

日時:2018年3月4日(日曜日)13:30
会場:アクトシティー浜松コングレスセンター3階31会議室

今回のテーマは、「胃腸肛門の病気~リスクの受け止め方と健康管理~」

今回も、例年通り、私が専門とする胃腸・肛門の病気についてのお話ですが、病気の概要だけでなく、一人一人が「リスク」をどう受け止めたらよいのか、そして健康のために何ができるかを一緒に考えてみたいと思っています。新作スライドや、眠くならない仕掛けを準備しています! 是非、聴きにいらしてください。

定員は抽選で300名となっています。
参加を希望される方は、下記いづれかの方法で杏林堂にご応募ください
●Webでのお申込み→杏林堂ホームページ
●申込用紙を使ってファックス
申込用紙は杏林堂各店舗にあります
当クリニックにもあります
→申込用紙ダウンロード
●郵便ハガキで応募
代表の方の、お名前(ふりがな)、年齢、ご職業、郵便番号、
ご住所、電話番号、杏林堂ポイントカード会員番号
を明記の上、下記宛先まで郵送
〒430-7713
浜松市中区板屋町111-2 浜松アクトタワー13階
(株)杏林堂薬局「3/4 健康セミナー」係

浜松西高で授業を行いました

2017年11月16日、浜松西高等学校で高校2年生を対象に授業を行いました。PTA主催の「保護者及び地域の方々と語る会」の企画として毎年行われている企画で、知人の依頼を受けて今回の授業となりました。講師は、自衛官・税理士・薬剤師・県議会議員などいろいろな職種の方たちで私を含めて10名で、生徒さんはそれぞれ希望で授業を選びます。私のところには26名の初々しい生徒さんが来てくれました。

今回のタイトルは「医学医療は楽しい!」

学校の授業で医学・医療について語るのは、浜松西高中等部、浜松北高についで今回で3回目でしたが、毎回、何をどんなふうに話そうか思い悩みます。今回は、私が大学卒業後今日まで歩んできた道について、その過程で得た教訓を交えてお話ししました。また、最近話題のドクターXなどの医療ドラマの医師と現実の違いについても盛り込みました。今までにない工夫として、眠くならないように、5色のカラーカードを全員に配布し、お話の途中に組み込まれた質問に、カードで答えてもらいながら話を進めました。(カラーカードは東急ハンズで買ってきたカラーポストカードです。)生徒さんは、みんな眠ることもなく目を輝かせて聞き入ってくれました。若者には、大きな可能性が広がっていて羨ましく思うと同時に、私も高校生だったころを思い出し、何か新鮮な気持ちになることができました。

先日、主催者の関係者の方が、出席者全員の感想文を送ってくださいました。私の伝えたかったことをしっかり受け止めてくれた生徒さんばかりで感激しました。また、カードによるアンケート方式が大変好評だったことがわかりました。

当院の看護師が東海消化器内視鏡技師研究会で講演

2017年11月12日、名古屋近郊の愛知医科大学で行われた東海消化器内視鏡技師研究会で、当院の看護師、巽二美江さんが教育講演を行いました。

タイトルは、「無床診療所における大腸内視鏡検査時の看護師の役割」。年間1500件行われている当院の大腸内視鏡検査のノウハウと、看護師の関わりについて、詳細な報告が行われました。

巽さんは、パート看護師として当院で初めて内視鏡検査に携わりながら、昨年内視鏡検査技師の資格を取得しました。今回、会場となった大ホールで320人の聴衆を前に堂々と約30分間の講演を行いました。

このような光栄な機会を与えていただいた技師研究会役員の皆様に感謝するとともに、巽さんご苦労様でした!

第1回日本臨床肛門病学会が開催されました

3月25日~26日、東京の京王プラザホテルにおいて、第1回日本臨床肛門病学会学術集会が開催されました。この学会は、日本の肛門科診療を学術的にリードするとともに、技術認定医制度により肛門手術を評価・認定し、質の高い診療を社会的にも認知される形で維持すること目的に、臨床肛門病研究会を発展的に解散する形で昨年創立されました。

今回の学会では、日本における肛門科診療の変遷を知る大先輩方のお話からはじまり、「患者にやさしい肛門科診療」を実践している新進気鋭の先生方のお話まで、大変勉強になる内容でした。

「痔の手術」とひとことで言っても、40年前では信じられないような方法で手術が行われていました。また10年前と現在でも、大きく変遷してきています。大学病院・専門病院・専門クリニックでもそれぞれ異なる方法で手術が行われています。医学全般に共通して言えることですが、多くの心ある医師が、日々研さんと改良を加え、研究会や学会で報告・討論して、少しずつ変化してきているのです。

私は、記念すべき第1回の学術集会に評議員・編集委員として参加する機会を得ました。今後、この学会が、肛門科診療をリードし、多くの患者さんに適正な診療を提供できるような存在となることを願っています。

講演予定「確率・リスクからみた健康管理~私たちにできること~」

2017年5月13日土曜日、プレスタワー17階静岡新聞ホールにおいて、講演を行うことになりました。浜松工業会浜松支部総会の企画ですが、一般の方も無料で講演の聴講が可能です。

内容は下記のとおりです


【講演概要】マグニチュード8-9クラスの南海トラフ大地震が30年間に発生する確率は80%、宝くじで1億円が当たる確率は1000万分の1だそうです。私たちはそれを知りながら、それぞれ行動し、生活しています。健康に関しても同じです。高血圧の人が脳卒中になるリスクは正常者の4倍、喫煙男性が肺癌になるリスクは非喫煙者の4倍、ピロリ菌感染者が10年間に胃癌になる確率は4%、誰でも何らかの癌に罹患する確率は約50%病気になったり病気で命を落したりする確率を減らすために、薬の内服、禁煙、減量、検診などすべきことはたくさんありますが、必ずしも実践できるとは限りません。心配し過ぎもよくないし、過信も禁物です。突きつけられる事実をどう受け止め、何をすればよいのか。健康管理に「確率/リスク」からアプローチし、確率のもつ意味、頭で理解したことを実践するコツ、ひとりひとりにできることを考えてみたいと思います。


詳しくはこちらのサイトもご覧ください。
浜松工業会浜松支部HP

大腸癌全国登録データが公開されました

全国の病院で治療が行われた大腸癌について、大腸癌研究会が集積・解析した大腸癌データの報告集が、PDFファイルとして公開されました。1974年に手術された大腸癌のデータが1985年に第1号の報告集として発刊されて以来、これまでに31号までの報告集が発刊されてきました。蓄積された膨大なデータは、これまでに多くの臨床研究・論文に利用されてきました。

ただ、これらの報告集は、大腸癌研究会に所属する施設(診療科)に1冊ずつ配布されるのみで、報告書の存在自体もあまり知られていないのが現状でした。

今回、第1号から、最新の第31号まで、すべてがPDFとして公開され、どなたでも閲覧できるようになりました。


これらのデータは、200項目以上におよぶ詳細なデータを集積・解析したもので、日本における大腸癌の実態や治療の現状、予後などを知ることのできる貴重な資料ですが、報告集はほとんど無味乾燥な数値の羅列です。(ダウンロードされた方がっかりされるかもしれません)今後、大腸癌研究会全国登録委員会では主要な項目について、グラフ化してビジュアルにわかりやすくデータを公開していくことが検討されています。

杏林堂健康セミナーで講演を行いました

2017年3月5日(日曜日)、アクトシティ浜松 コングレスセンターで行われた杏林堂健康セミナーで講演を行いました。

第一部では、食道・胃・大腸・肛門のはたらきや病気について網羅的に解説しました。休憩をはさんで、第二部では、胃がん、大腸がんから命を守るためにできること、胃腸・肛門を快適に保つためにできることを解説しました。第二部に続けて第三部では、会場からの質問にお答えしました。

午後2時から4時まで、約2時間にわたりましたが、会場いっぱいの約200名の参加者は最後まで熱心に聞いてくださいました。

今年で5回目となりますが、このような機会を与えていただいた杏林堂薬局様には感謝いたします。

「よくわかる胃腸と肛門の病気」 3月5日です

今年で5回目となった杏林堂健康セミナー。今年も講演させていただくことになりました。

直前となりましたが、3月5日日曜日午後2時から、コングレスセンターで行われます。

150枚を超えるスライドがようやく完成しました。食道、胃、大腸、肛門の主な病気を網羅的にわかりやすく説明します。また、胃がん、大腸がんで命を落とさないためにどうしたらよいか、胃腸・肛門を快適にして過ごすためにできることについて、解説します!

明けましておめでとうございます(クイズ形式!)

旧年中は、多くの方に大変お世話になりました。心から感謝いたします

unnamed

とりあえずやってみようと 独り立ちして早4年が過ぎようとしています
砦は頑張って守らなければならないこと 決して一人の力ではないことを悟りました
これからも 医学の進歩に取り残されないように 自分のとりえを生かして 取り組みを継続していきます!
また 今年は 少しゆとりをつくり うっとりするような美しいもの 鳥肌が立つような感動に出会えたらいいなあと思っています
本年もどうぞよろしくお願いいたします

さて とりとめのないこの文章(全体)に
「とり」は何回登場したかおわかりですか?

bird

(答えは、上の絵の鳥の数と同じです)

肖像画を描いていただきました

ご縁があり、河合利彦画伯のご厚意により、肖像画を描いていただきました。

「実物をその通りに描くのでは、写真と同じで肖像画の意味がありません。私の思いがこもっています。」とのこと。 実物より○△×だそうです。

待合室に飾っておくと、なんだか照れくさいので、ブログにアップします。

shozoga

あさのクリニックの公式お知らせブログ