花粉症とピロリ除菌の関係 クリニックのデータで証明!

あさのクリニックの隣にある杏林堂高塚町剤センターに勤務している薬剤師の尾関佳代子さんが、花粉症の患者さんはピロリ菌の除菌治療に失敗する確率が高いことを証明し、今年7月英文論文として発表しました。この発見のきっかけは、尾関さんが、主にあさのクリニックから処方される処方箋を取り扱っているうちに、「(ピロリ菌の除菌に失敗し、)二次除菌薬を処方される方には、花粉症の患者さんが多いのでは?」と感じたところに端を発しています。着眼点、発想の鋭さには驚きます。私は、データを提供したということで、共同研究者として名前を連ねていただきました。

Association of Hay Fever with the Failure of Helicobacter pylori Primary Eradication.
K Ozeki,T Furuta,M Asano,T Noda,M Nakamura,Y Shibata,E Okada,T Ojima
Intern Med 55: 1729-1734, 2016

このニュースは、静岡新聞でも紹介されました。

論文はこちらから閲覧・ダウンロードすることができます。