講演予定「確率・リスクからみた健康管理~私たちにできること~」

2017年5月13日土曜日、プレスタワー17階静岡新聞ホールにおいて、講演を行うことになりました。浜松工業会浜松支部総会の企画ですが、一般の方も無料で講演の聴講が可能です。

内容は下記のとおりです


【講演概要】マグニチュード8-9クラスの南海トラフ大地震が30年間に発生する確率は80%、宝くじで1億円が当たる確率は1000万分の1だそうです。私たちはそれを知りながら、それぞれ行動し、生活しています。健康に関しても同じです。高血圧の人が脳卒中になるリスクは正常者の4倍、喫煙男性が肺癌になるリスクは非喫煙者の4倍、ピロリ菌感染者が10年間に胃癌になる確率は4%、誰でも何らかの癌に罹患する確率は約50%病気になったり病気で命を落したりする確率を減らすために、薬の内服、禁煙、減量、検診などすべきことはたくさんありますが、必ずしも実践できるとは限りません。心配し過ぎもよくないし、過信も禁物です。突きつけられる事実をどう受け止め、何をすればよいのか。健康管理に「確率/リスク」からアプローチし、確率のもつ意味、頭で理解したことを実践するコツ、ひとりひとりにできることを考えてみたいと思います。


詳しくはこちらのサイトもご覧ください。
浜松工業会浜松支部HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です