カテゴリー別アーカイブ: 未分類

講演予定「確率・リスクからみた健康管理~私たちにできること~」

2017年5月13日土曜日、プレスタワー17階静岡新聞ホールにおいて、講演を行うことになりました。浜松工業会浜松支部総会の企画ですが、一般の方も無料で講演の聴講が可能です。

内容は下記のとおりです


【講演概要】マグニチュード8-9クラスの南海トラフ大地震が30年間に発生する確率は80%、宝くじで1億円が当たる確率は1000万分の1だそうです。私たちはそれを知りながら、それぞれ行動し、生活しています。健康に関しても同じです。高血圧の人が脳卒中になるリスクは正常者の4倍、喫煙男性が肺癌になるリスクは非喫煙者の4倍、ピロリ菌感染者が10年間に胃癌になる確率は4%、誰でも何らかの癌に罹患する確率は約50%病気になったり病気で命を落したりする確率を減らすために、薬の内服、禁煙、減量、検診などすべきことはたくさんありますが、必ずしも実践できるとは限りません。心配し過ぎもよくないし、過信も禁物です。突きつけられる事実をどう受け止め、何をすればよいのか。健康管理に「確率/リスク」からアプローチし、確率のもつ意味、頭で理解したことを実践するコツ、ひとりひとりにできることを考えてみたいと思います。


詳しくはこちらのサイトもご覧ください。
浜松工業会浜松支部HP

「よくわかる胃腸と肛門の病気」 3月5日です

今年で5回目となった杏林堂健康セミナー。今年も講演させていただくことになりました。

直前となりましたが、3月5日日曜日午後2時から、コングレスセンターで行われます。

150枚を超えるスライドがようやく完成しました。食道、胃、大腸、肛門の主な病気を網羅的にわかりやすく説明します。また、胃がん、大腸がんで命を落とさないためにどうしたらよいか、胃腸・肛門を快適にして過ごすためにできることについて、解説します!

明けましておめでとうございます(クイズ形式!)

旧年中は、多くの方に大変お世話になりました。心から感謝いたします

unnamed

とりあえずやってみようと 独り立ちして早4年が過ぎようとしています
砦は頑張って守らなければならないこと 決して一人の力ではないことを悟りました
これからも 医学の進歩に取り残されないように 自分のとりえを生かして 取り組みを継続していきます!
また 今年は 少しゆとりをつくり うっとりするような美しいもの 鳥肌が立つような感動に出会えたらいいなあと思っています
本年もどうぞよろしくお願いいたします

さて とりとめのないこの文章(全体)に
「とり」は何回登場したかおわかりですか?

bird

(答えは、上の絵の鳥の数と同じです)

11月 日本大腸肛門病学会で痔核治療の講演を行います

11月13・14日に名古屋で開催される第70回日本大腸肛門肛門病学会で、講演を行う予定です。

DaikouPoster

私の課せられたテーマは、「若手医師のための痔核治療」

自分はまだ若いと思っていたら、「若手医師向け」の話を依頼されれてちょっと妙な感じです。

日本における痔核(いぼじ)の治療は、これまで欧米とは少し異なる発展を遂げてきました。50年くらい前まで、世界ではとっくに廃れた術式(ホワイトヘッド法)が行われていて、今でもその手術を受けて調子の悪い患者さんの治療を行うことがあります。先人の努力で、現在では世界標準の手術が行われており、最近では、日本から新しい術式が世界にむけて発信されています。

肛門手術の良し悪しは、手術後の痛みや社会復帰までの期間、手術中の出血量、手術時間、手術後の合併症や再発など多面的に評価されますが、最も重要なのは、患者さんが手術を受けてよかったと思うかどうか、つまり患者さんの満足度です。

今回、当院で肛門手術を受けられて半年以上経過した約250人の方に郵送でアンケート調査を行いました。多くの方に回答をいただき、満足していただいていることがわかり、とても嬉しく思いました。今回の講演でも、当院の術式と共に報告する予定です。アンケート結果の詳細は、別途ホームページで紹介して行く予定です。

この学会への参加のために、11月12日から15日まで休診となります。(12日木曜日は定休日、15日は日曜日) 大変ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。

初めて受診される方へ 問診票ダウンロードのお勧め

診察までの待ち時間を少しでも短縮するために、現在さまざまな取り組みを行っております。

その一つとして、初めて受診される患者さんに記入していただいている「問診票」をあらかじめあさのクリニックのホームページからダウンロードできるようにしました。印刷して、ご自宅で記入してお持ちいただくと、受付から診察までの時間が短縮されます。是非ご利用ください。

ここからもダウンロードできます。

新めて受診される方のための問診票(pdfファイル)

胃カメラを受ける方のための問診票(pdfファイル)

MonshinThumbnail EGDThumbnail

(電話で胃カメラの予約をして初めて受診される方は、両方ダウンロードして記入してください。)

胃カメラを受けました

胃カメラを受けました。

数年前にヘリコバクター・ピロリ菌感染のあることが分かり、除菌した既往があるので、定期的に胃カメラ受けています。多忙のため、なかなか時間がとれなかったのですが、親しくしていただいている七草ファミリークリニックの丸山先生にお願いして、休日に特別に検査をしてもらいました。経鼻内視鏡も選択できたのですが、今回私は、鎮静剤で眠った状態で検査をしてもらいました。わたしのクリニックと同じ方法です。苦痛なく、分からないうちに検査を受けることができました。幸い、特別な異常はなく、委縮性胃炎も少しずつ良くなってきており、安心しました。

054

これからも定期的に受けていきたいと思います。

ちなみに、大腸内視鏡検査は、これまで3回受けています。一番最後は3年近く前です。これまでポリープは見つかっていないので、2年くらい先に受けようかと思っています。

ブログを開設しました

Clinic_gaikan201409

あさのクリニック開院後1年半が経過しようとしています。

昨年の4月に開院し、診療を行ってまいりましたが、多くの患者さんにご利用いただき、今日まで診療を継続することができました。

これまでに、内視鏡検査延べ3200件、肛門手術250件を行いました。

まだまだ至らないことが多いのですが、これからも患者さんにより良いサービスを提供し、一人でも多くの方に喜びと安心をお届けできたらうれしいと思っています。

これから、このブログで院長やクリニックの動き、健康に関する情報などをお伝えしていきます。ご期待ください。

早速ですが、ホームページに肛門の病気に関する情報をアップしました。ご覧ください。