胃カメラ休止のお知らせ(新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応)

2020年05月04日

 
新型コロナウイルス感染拡大を受け、とりあえず5月末日まで、胃カメラの実施を休止することにしました。
胃カメラは、マスクを外して行う必要があり、双方の感染のリスクを避けるための対応です。
5月にご予約をいただいている患者様におかれましては、順次延期のお願いをしております。
つきましては、とりあえず8月以降にご予約を取り直しください。
大腸内視鏡検査と胃カメラを同時に行う予定となっている方につきましては、
○予定された日に大腸内視鏡検査のみ行い胃カメラは後日に延期する
○胃カメラと大腸内視鏡の両方を後日に延期する
のどちらかで予約の取り直しをお願いいたします。
ご迷惑をおかけしますが、どうかご協力をよろしくお願いいたします。
なお、「胃の痛みが強い」、「真っ黒な便が出る」・・・など胃がんや胃潰瘍の可能性を疑う強い症状があり、必要と判断される場合には、十分な感染対策の準備をして検査を行うことができますので、適宜ご相談ください。
大腸内視鏡検査については通常通り行なっています。